光冷暖 「冷暖房は風から光へ」

必見。

なぜ 光冷暖が健康によいんでしょうか?
一つは

風が吹かないためです

では、風が吹くとなぜ健康ではないのでしょうか?
今は暖かくなり、インフルエンザは落ち着きましたが、
冬場はエアコンやファンヒーターの風でウイルスが舞い上がるために
吸い込んで感染してしまうわけです。
花粉やペットの毛も同様でしょう。
アレルギー、喘息に関心のある方は床暖房など考えるでしょう。
床暖房は比較的風は舞いにくいですが床を高温で暖めるために上昇気流が発生しますし、
床暖房のない場所を踏むとヒンヤリして体がびっくりしますよね。
急な温度変化は体にとってあまりよろしくないですね…
女性の方は肌に気を使いますよね。
風がふけば空気は乾燥、お肌ガサガサ喉も渇く。ウイルス元気。
良いことはないですね。
夏のエアコンの運転などはどうでしょうか?
冬場の冬眠からあけたエアコンのフィルターには細菌の宝庫。
それが一気に部屋中に舞い散るわけです。
自動洗浄など機能はついていますが実際にはどれほどのものかわかりません。(我が家についていたものですが…)
夏の夜、エアコン付けっぱなしで風邪ひいた、喉が痛い、なんて何回も聞きますよね。

ここまで読んでいただいた方に感謝

実際、私が書き込んでいるのも
「だからなに?」
って思う人の方がおおいですよね。
でも、共感できるのでは?
安心してください。
モデルハウスで一泊してみてください。
?マークでいっぱいのこの記事の意味が分かってもらえると思います。

体感会、宿泊体感は7月からです。
要予約にてお願い致します。
<(_ _)>